SEED進学会は甲府市の個別指導塾です。「正しい勉強のやり方」をイチから指導!勉強が苦手な子の点数アップならお任せください。

高校生の個別指導

  • HOME »
  • 高校生の個別指導

大学受験対策

合格までの最短ルートを提示します

1.一人ひとりに合わせた学習指導

お子さまによって苦手分野は異なります。模試や学校の成績、また志望校の出題傾向などをもとに、その時に最適な指導方法で分からないところを徹底指導いたします。
「分かるまで」ではなく「解けるまで」教えるSEED進学会にお任せください。

2.受験のプロが合格までをプランニング

受験対策のプロである教室長が、志望校合格までの必要な学習プランを提案します。
それぞれに最も合った参考書を効率よく使用し、自信をもって受験勉強ができます。

3.毎週の面談で進捗を確認

学習プランをもとに、毎週の学習計画を相談しながら作成し、面談によって修正していくことで、一人ひとりに最も合った学習スケジュールを作っていきます。また、将来や学習における不安に対してのカウンセリングも行い、高いモチベーションを保って学習できます。

苦手科目の克服

苦手の原因を見つけてイチから指導

中学校ではいろいろな分野の基礎を少しずつ学びますが、高校では各分野の細かい内容までを学びます。そのため、基礎が身についていないと、苦手分野の学習に多大な時間を浪費してしまいます。
SEEDでは苦手科目を徹底解析して克服するために、まずはお子さまとのカウンセリングで、苦手の原因までさかのぼります。そして計画を立ててイチから苦手を潰していきます。

「分かる」ではなく「解ける」の指導

「分かる」ことと「解ける」ことは似ているようで大きく異なります。
自分で考えても分からなかった部分も、塾で先生に教えてもらうと「分かる」ようには比較的簡単になります。ただし「分かる」だけではテストができるようになるとは限りません。ここで「分かる」と「解ける」のギャップが生まれてしまうのです。

勉強はしているのにテストの点数が上がらない・・・

このような相談を多く受けます。このギャップを埋めるためには、分かった後にすぐ演習を積むことで「解ける」状態にすることが重要です。
SEEDでは「分かる」で終わりではなく「解ける」までを考えたカリキュラムの導入により、点数が上がるまで徹底的に指導します。
おかげさまで、面倒見の良い塾と好評をいただいております。

勉強のやり方について

中学までの勉強法は通用しません

一般の公立中学校では、生徒の学力はバラバラであり、勉強が得意でない生徒にもわかるような授業が実施されます。そのため、中学までは基本的に授業内容さえきちんと理解できていれば問題なく進むことができます。
一方、高校は偏差値によって区分されており、同じくらいの学力レベルの生徒が集められます。そのため、授業スピードが速くなり、学習内容も高度になることが多いのです。
よって中学の時と同じような学習方法では、授業についていけなくなることが多々あります。高校に入ったら、学習態度を改めなければいけません。

予習・復習は必須です

高校の勉強では、授業の予習をしておくことが非常に重要です。高校になると中学よりも学習範囲が格段に広がるため、授業だけではカバーできない内容が次々に出てくるからです。
中学までのように教科書を隅々まで解説してもらえるわけではないため、予習で大まかな内容を頭に入れてから授業を受ける必要があります。

そして、最も大切なのが復習です。中学よりも格段に覚える量が増えた高校の勉強は、一度の授業で知識を定着させることはできません。
勉強内容が膨大なので、覚えた知識を忘れてしまうのは仕方ありません。重要なのは、より多くの知識を長く覚えていられるように、いかに繰り返し復習するかということです。
その日のうちの復習も大事ですが、知識を定着させるには1週間おきや1ヶ月おきのスパンで見直しを行うことがより大切になります。これは有名な「エビングハウスの忘却曲線」の実験でも証明されているため、中期的・長期的な復習を積極的に学習に取り入れましょう。

暗記のテクニック

勉強の習慣をつけたい

1.目標を立てる

勉強に限らずそうですが、最初に物事を始めるときに、モチベーションはとても重要です。
大事なのは、いきなり高い目標を設定しないことです。
高すぎる目標は、自分の実力と差がありすぎて上手くできない状態が続き、モチベーションが下がってしまいます。少しでも結果が出た、成長を感じられた、などの成功体験がなければ続きません。
目標は限りなく低く設定しましょう。これが継続できれば段々物足りなくなりますので、その時に少しずつ負荷を上げていきましょう。

2.計画を立てる

目標を立てたら、次はそれに向けた計画を立てます。
その日その日で思いついたことを時間のある時に取り組むのは、計画的で有効な勉強とは言えません。「曜日ごとにこの日はこれをやる」というものを決めて、それを繰り返すことが大切です。
そして、各曜日の勉強できる大体の時間数を洗い出して、○曜日には○○をする、ということを決めてしまいます。このとき重要なことは、スケジュールに余裕を持たせることです。正直、予定通りにいくことはほとんどありません。
毎日少し余裕を持たせたタイムスケジュールにしておく、調整日として週に一日は何も入れずに空けておく、という方法も有効です。

3.環境を工夫する

家ではゲームやスマホ、布団もあって集中できない、という場合は自室以外の環境に身を置いてみましょう。学校や図書館、塾の自習室がおすすめです。
特に自習室などの空間は、他人の努力を知ることにもつながり、良い刺激とモチベーションの維持に効果的です。

部活との両立

曜日や時間を自由に選べるシステム

塾には通いたいけど部活が忙しくて時間も取れないし・・・
とご相談をいただくことが多くあります。

SEEDでは、部活のスケジュールに合わせて通塾回数や曜日をお選びいただけます。急な部活のスケジュール変更なども、通塾する曜日を変えて対応できます。

お子さまに合わせたスケジュールで、部活と勉強の両立が無理なくできるのもSEEDをお選びいただいている理由の一つです。
うちの子は今のスケジュールでも塾に通えるかな?と思ったらまずはご連絡ください。

振替やテスト前の指導について

・部活が長引いて今日は塾に行けない
・部活がオフになるテスト期間を有効的に使いたい

そんなご心配やご要望も大丈夫です!
急な当日の欠席でも、SEEDは別日に振替することができます。自習スペースも完備していますので、テスト前は塾に行く時間を増やしたい!というご相談も遠慮なくお申し付けください。




Copyright © SEED進学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.