Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
SEED進学会は甲府市の個別指導塾です。「正しい勉強のやり方」をイチから指導!勉強が苦手な子の点数アップならお任せください。

SEEDについて

  • HOME »
  • SEEDについて


top5

 


1.個別指導塾

学習塾には集団型や個別型など、いくつか種類がありますが、SEED進学会は個別指導型の学習塾です。
毎回の授業では、お子さんのペースに合わせて授業内容を組み立てています。
保護者さまからのご要望等も取り入れさせてもらいながら、お子さん一人一人に寄り添った、きめ細かな勉強のサポートをしています。

2.地域密着型の塾

SEED進学会は、甲府市・甲斐市を中心に生徒さんの指導にあたっています。
講師たちも、出身が山梨、大学が山梨といったように、地域に縁があるものばかり。
生徒さんに対する思いはどこにも負けません。

「同じ地域の生徒さんの力になりたい!」
「大きく巣立ってほしい!」

という気持ちで日々の指導にあたっています!

3.勉強のやり方を教える塾

SEED進学会の最大の特徴は
「勉強のやり方を教える」塾であることです。
どのように勉強すればいいのか?これが分からずに困っているお子さんは本当に多いです。

詳しく見る(中学生向け)
ここでは、多くご相談をいただく中学生の保護者さま向けにお話をさせていただきます。

まず、中学校の勉強はそもそも小学校と同じと考えることができません。
その違いをいくつか挙げてみましょう。

【小学校と中学校の違い】(一例)
・中学校は3年間しかない
・勉強内容が小学生の2倍以上にふくれ上がる
・勉強内容がいきなり難しくなる
・授業がどんどん先に進む
・部活が忙しくて家での時間があまり取れなくなる
・3年生になると高校受験が控えている
・1・2年生の内容も、受験までに全て自分でやり直さなければならない

このように、中学校はこれまでと内容が大きく異なるため、小学校と同じ勉強方法では通用しなくなってしまいます。
実際、中学校に上がるとほとんどの子が「勉強が難しい!」と感じています。また、小学校までは95点や100点を普段取っていても、中学校では45点や50点に下がってしまう子も決して少なくありません。
つまり、中学生になったら勉強のやり方自体を見直す必要があるのです。

そこで、身につけてもらいたいのが「予習をする習慣」です。

3年間という限られた時間で、小学校の2倍以上の勉強内容をすべてマスターするためには、当然工夫が必要です。中学生は部活なども忙しいので、家での時間だけでなんとかするにはどうしても限界があります。

そこで、中学生のお子さんにできるようになってもらいたいことは、学校に行ったその場で、授業が「分かる!」という状態をつくることです。

中学校の3年間において、学校とは一番長く生活をする場所です。授業も毎日6時間あります。
しかし、毎日の授業が分からなければ、この6時間はほぼ意味のないものになってしまいますよね。
また、その日の授業が分からなかったとすると、家に帰った後にやり直さなければなりません。すると今度は、家での時間までもがその日の復習で削られることになってしまいます。
これではいざ受験生になった時、特に時間をかけたい1・2年生の復習など、とてもできなくなってしまいますよね。
つまり「授業が分からない」ことは、学校での時間を無駄にしてしまうだけでなく、家庭の時間までも奪ってしまう、もっとも効率の悪い方法といえます。

しかし、先に予習をしておいたらどうでしょうか。

予習とは、学校の勉強を先どりしておくことです。
一見、そんなに重要かな?と思うかもしれませんが、これがとにかく重要なのです。
予習をしておくと、学校の授業が2回目になります。
すると、授業が格段に分かりやすくなります。
初めてその場で耳にするのと、ある程度頭に入った状態でもう一度聞くのとでは、その差は比較にならないほどです。

学校の授業が分かるようになれば、それを家でやり直す必要もほとんどなくなるでしょう。
すると、家での時間は自由に使えるようになります。
受験生であれば、1・2年生の復習をする時間だってもちろん確保できます。
この状態こそが、中学校の勉強においては、もっとも効率の良い方法だと考えています。

予習は自分でできるのであれば、もちろんそれが一番です。ただ、まだ習っていない内容を自分一人で進めるのはなかなか大変な作業でもあります。

そこで、SEED進学会では毎回の授業にこの「予習」を取り入れています。
一緒に予習を進める中で、まずは学校の授業をその場で分かるようにし、そこから少しずつ「予習をする習慣」を身につけてもらっています。

実際、これらを習慣にするには時間がかかります。
新たな取り組みを浸透させるためには、平均して半年~1年くらいはかかるものだと思います(もちろん個人差はありますが)。
しかし、これを身につけずして3年間という限られた時間内で効率良く勉強を進めることはできませんし、なにより毎日の学校の授業が分からなくなってしまっては、勉強そのものも嫌になってしまいます。

ぜひ学校の授業が分かるようになり、自信を持って発言できるようになり、テストにも結果として表れ、勉強に対して前向きになれる人へと成長してもらいたいと願っています。

 

「正しい勉強のやり方」を身につけることは、成績を上げるための重要な要素であるととともに、最終的に自分自身に自信を持てる人へと成長するための第一歩だと考えています。

勉強のやり方でお悩みの人、ぜひご相談ください!

 






上石田校 山宮校 長塚校 朝気校 大里校




Copyright © SEED進学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.